減量をするために食事の内容を見直すという人は多いようです。
食事を改善することで減量をするにはどうすればいいでしょう。
しばらくの間食事量を減らしていると、減量そのものは難しくありません。しかし、極端な食事制限はリバウンドの原因になってしまいます。
急激に減量をすることは、それだけ急激に体を飢餓状態に向かわせることになります。
食べる分量を少なくすることで、簡単に減量効果を得ること自体はできるとされています。その代わり、停滞期が訪れるタイミングも早くなるといいます。ダイエットに挑戦する人の何割かは、簡単に成果をあげようと思う余り、停滞期までに簡単にできた減量分でダイエットを一区切りさせてしまいがちです。けれども、減量がうまくいくかどうかは、停滞期をどう乗り越えるかです。停滞期のさなかに減量を終了させ、ダイエット開始前の食事量に戻してしまうと、体は摂取したカロリーを余すところなく吸収して脂肪にしてしまいます。
減量前より体重が増えてしまうということになり、ダイエットのリバウンドがおこります。短期間のダイエットでは、リバウンドに注意しましょう。
減量を簡単に成功させたいという人は多いですが、簡単であることは短いということではありません。停滞期で減量を終わらせないようにしてください。






急激に減量をするのはよくないのね。体を飢餓状態にしてカロリーを余すところなく脂肪にしてしまうから。